終末のハーレム 74話 絵里奈が怜人に打ち明けた事実は

絵里奈を追いついに彼女に会うことができた怜人。

ようやく怜人は絵里奈の口から
MKウィルスが蔓延した時から今までの経緯を聞くのです。
彼女は重い口を開き話し出します。

▶終末のハーレムの最新話の無料立ち読みはこちら

スポンサーリンク

ハイライトシーン、74話の展開は

男をターゲットにした恐るべき感染率、致死率の高いウィルスに
世界中の男がバタバタと死んでいきました。

ごくわずかの男達がウィルスから逃れるために
コールドスリープに逃れただけでした。

男達がほぼ死に絶えた後、世界を支配したのは
女性のみで組織されているUWだったのです。

怜人の幼なじみの絵理沙は当時医大生でしたが
ウィルス研究所でMKウィルスを根絶させるべく懸命に働きます。

解明の手掛かりなく暗闇の中をもがくような毎日の研究でしたが
身体の不調を抱えながらも残業に打ち込む日々でした。

ただの生理痛、そう絵里奈は思っていたのです。

もし怜人が目覚めた時にウィルス特効薬がなかったら…
絵里奈はそう考えると研究に没頭する以外
自分にできることはなかったのです。

絵理沙は慶門市で谷口ばあちゃんの愚痴に耳を傾けています。
最初にMKウィルス発症者と言われている谷口じいちゃんの亡骸を
研究材料にして引き渡さないUWに対して
谷口ばあちゃんは言い知れぬ怒りを抱いていました。

やさしくばあちゃんの話を聞いてなぐさめる絵里奈ですが
突然、UW支部の研究施設に連行されます。

集まった上層部の話は驚くべき内容でした。
MKウィルスの抵抗力を持った
細胞硬化症の5人の男がコールドスリープしていて
その中の一人が怜人であると知らされます。

技術長官はあけすけに絵里奈に怜人とメイティングをするよう
言うのです。

とまどいを隠せない絵里奈ですが、
怜人とのメイティングが人類を救うことにつながるのならば、
と了解するのです。

絵里奈は妊娠可能な、健康な体かどうか健康診断を受けさせられたのです。
その結果婦人系の病気にかかっている事実を知り愕然とします。
絵里奈が注射をしていた理由を知った怜人は呆然と彼女を見つめます。

私は子どもが埋めないからだなの。
押さえきれない感情に絵里奈は涙し、怜人は彼女をなぐさめます。
たとえ子どもが埋めなくても絵里奈を思う自分の気持ちは変わらないと
告げてキスをします。

セッ〇スは愛の行為さ、と怜人は絵里奈に言います。

彼女はうれしさのあまり、長く待ちわびたこの日に歓喜して
怜人を誘うのでした。

 

▶終末のハーレムの最新話の無料立ち読みはこちら

 

おこじょの感想

絵里奈の告白は衝撃的な内容でしたね。

好きな怜人と子作りできない絵里奈の悲しみを
しっかりと受け止める怜人が印象的。

愛しているのは怜人だけ、そして絵理沙も彼だけ。

手あかのついていない純愛ですね。

そうなるとこれからの展開が気になりますよね。
おっとその前に75話で
ふたりはどんなふうに愛し合うのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました